20 April 2011

ATMについて


昨日,必要があってATM(現金自動預払機)でお金をおろしたのでありますが。
手順どおりにピポパポやって、待つこと数十秒・・・キャッシュカードは返ってきて、機械はなにやらジーコジーコ働いていて、お札を数えるパラパラ音もして、だけどお金が出てくるところのふたが開きませんのです。

おい!

機械はがんばって何度もジーコジーコやっておりましたが、そのうちにくたびれちゃったのか「休止中~」になってしまったのであります。

おーーーい!

お休みするのはしかたないですけどね、今の取引がキャンセルされているのか、そこのところをはっきりしてからにしていただきたい。機械が再開されたとき、ぱかっとふたが開いてそこにお金があったらどうなっちゃうの?徹夜で見張ってるわけにはまいりません。
銀行の営業時間はとっくに過ぎていたので、係員がいるはずもなく。
「お困りの際はこちらへ」みたいなフリーダイヤルがあったので電話してみたところ「それは銀行に直接言って下さい」とのこと。うーむ・・あなた銀行の人じゃないわけね、全然役に立たないフリーダイヤルであります。

いくらラテン系の国とはいえ、一応文明国なのだからある程度のお約束は守っていただきたいです。
自動ドアは開いたら閉まるとか、手紙は出したら届くとか、TVはつけたら映るとか。ATMはピポパポしたらそのとおりに動くとか、そういうことは普通でしょ。
毎回いちいち、命と財産を賭けてスリリングな生活はあんまりしたくありませんです。

今朝、銀行があいたころを見計らっておしかけ、かくかくしかじか事情を説明したところ、確認してご連絡しますとのことだったが・・・。
電話番号は聞かれたけれど、名前は聞かれなかったぞ。キャッシュカードの番号も見なかったけど、それでわかるのならすごいなあ。
もともと金融関係とは相性の悪い私ではありますが・・・さあ、どうなるのでしょう〜

2 comments:

あかね。 said...

ピピピッ...
キンガクガオオキスギテ
ショリデキマセン....

caran said...

リンデンドルハオトリアツカイデキマセン。。。ピピピピ