16 June 2011

ハトめ

犯人!

やっと暖かくなってきたので(もう6月なのに!)ずっと放ったらかしていたベランダ菜園のお手入れをいたしました。

少し前にいきなり2週間も留守にしたので育ちかけていたシソやきゅうりは消えてしまい、春には可愛い花がたくさん咲くスモモの木も枯れてしまった。しかたないね。ベランダの宿命。
朝顔もタネを撒く時期がずれてしまったけど大丈夫かな。などと思いながら1日園芸部長にいそしみました。
今年はエダマメのタネも植えた^^たのしみ〜・・・ところが、

今朝なにやら騒がしいのでベランダを見ると、ハトが3羽、エダマメのタネを植えた辺りをつつきまわしているではないかっ!
あーっなにをするかっあっちいけー!
と追い立ててからチェックすると、エダマメのタネは無惨にもほじくられて食べられてしまっていたのでありました。

うぬ!こういうのをハトの浅知恵というのだ。いま一粒食べるのを我慢してエダマメが見事に育ってから食べればもっとたくさん食べられたではないか。
そうしたらエダマメ10個くらいは分けてあげたぞ。全く了見の狭いやつらだ><

だいたいなんだ。すずめにはベランダ滞在許可証とごはん券もあげているけれど、お前たちはここへ来ちゃいけないんだ!いつも表通りでパン屑をもらってたべてるじゃないか。
フンなど大きくて掃除が大変だし、にらやネギを踏んづけて歩くし、くうくううるさいし。
かわいくチュンと言ってみよ。
まったくもってけしからんったらありゃしない。

やつらのせいで真夏の夕方のエダマメときりっと冷えたビールは夢のかなたに消えたのであります。

2 comments:

Shoji Kimura said...

明日の千円より今日の百円。そういう人間はたくさんいる。鳩のことは言えないよ(笑)。

caran said...

ふむ。今日の百円なら立派な気持ちでハトを諭せるけれど、500円になると微妙だなw