24 June 2011

ご苦労扇風機君

MilanGray2 by *Caran*

多少、蒸し暑くなってきたので扇風機をつけた。
快適にお仕事すすめておりましたら突然、ボキ・・ドタ・・扇風機の首が折れた。
首折れ事件など初めて経験いたしました。まあしかし、折れた首がぶんぶん回りながら飛んでいったわけではなく、そのまま昇天あそばしたのでことなきを得たのであります。
それにしても、そんなに古いわけでもないのに首が折れるかなあ>< 古くないから折れるのであろうか。故郷の隣国製、現居住国販売となるとこうなるのであろうか(奥歯にものがはさまってしまった^^;)
実家の扇風機は私が子供の頃からありますが現役で働いておりますぞ。しかも羽の一部が欠けたのを父がボンドと針金で修理して、フランケンシュタイン状態翼なのですが、涼しく風を送ってくれるのであります。バンザイMade in Japan!
前にも書いたような気がするが、とにかく風にあたったり身体を冷やすことを異常に嫌うこの国の人々。なにしろ室温のコーラを好み、扇風機の風が当たりそうになると「あっ」といってよけるくらいなのだから、扇風機があまり頑丈でなくてもしかたがない。というところで落ち着くことにしましょう。アーメン。



2 comments:

Shoji Kimura said...

洗濯機が歩き出したり、扇風機が折れたり、賑やかでいいね(笑)。

caran said...

冷蔵庫の取っ手もとれたままだし。
次は掃除機あたりが謀反を起こすかも~・・・