21 June 2012

制作現場のあれこれ


先日、ご近所のデザイナーRさんにお会いして、ほんの立ち話だったのですがとてもうれしい時を過ごしました。
もの作りに関していろいろお話できるのはほんとに楽しい^^
勉強にもなります。

ふだん小物ばかり作っているので、テンプレートからレイヤーをおこして水着を作る作業はかな〜り悩みましたですw
Rさんも仰ってましたが、つなぎ目が難しいのですね。それと服のはしっこ、つまり肌との境目がどうしてもボヨボヨに滲んでしまう。きっとなにかやりかたあるんだろうなあと思いつつ、あちこちの文献を調べまくり、描き直すこと100回w
遠目でみればきれいにおさまっているけれど、近くで拡大してみるとぼや〜んと滲んでいる。それがイヤでかっちり描くと今度はカクカクになってしまう。
なにか理解不足で遠回りしてるんだろうと感じながらも、悲しいかな知識&経験のなさ。最後はこれ以上拡大できないところまで大きくして1ピクセルずつ描きました。もう気合いしかありませんw 洋服のデザイナーの方々を心底尊敬いたしますです。

で、やっとできてほっとしていたら、とある筋から「メンズだって欲しいんだい!メンズも作れー、しかもXXXXなやつ!」という指令を受けてまたしても奮闘中なり(汗;)

ある程度までは描けて、でも実際にアバターに着せてみないことには....そしてかわいいからんちゃんが着たってしょうがないので、デフォルトの男アバターにそこらでもらったデモのメンズスキンを装着。うわ〜!へんなかお〜〜〜!なおっさんがパンツいっちょでのそーっと立っているのでありました。←ワタシ
もうはっきりいってグロいですw 
しかも、いろんな筋肉というのでしょうか(専門用語わかりませんw)すじすじが集まって、アバターの動きとともにひしゃげて、ねじれるお尻の辺りがどうもうまく収まらない。のでカメラでどアップ観察モード。
誰も来ない作業場でもし誰か来たらどうしようと思うともうドキドキ恥ずかしくて落ち着かずw 一人であたふたしております。

そんな折り、友人あまんが「からーん。ガレージにいるのー? XX連れて遊びにいくー」
と、急にIM。
待て、着替えるっ!

いばらの道ですだ。

4 comments:

aman said...

そんな状況だったとは・・・^^;

すぐに飛んで行けばよかったわん。
残念、面白いものを見損なった(一_一;)

caran said...

そうなのw
あまりの不気味さに自分で自分の顔を見ないようにしてるw

syusan said...

あはは 同じSIMなので気をつけますw

caran said...

な、なにを気をつけるんですか?www