03 November 2011

再び、寿司屋にて

タベタイ・・・・
調子に乗ってまだまだ続く。寿司屋話w

で、たまにはもっとちゃんとしたお寿司が食べたいので邦人経営の和食屋さんにも行くのであります。昔はたくさんあった日本人のお店も最近めっきり数が減った。
不景気のせいもありましょうし、中華スシやにはプライスで負けるしね。

でも日本の板前さんの握るお寿司はやっぱりおいしい^^
ただし、ここで一つ問題がありまして・・・辛いものダメナノネ。ワタクシ^^;

おすしも基本的にサビヌキをよしとするのであります。ワサビの香りは好きだけれど、ネタとしゃりのあいだに、こっそりどっさり入っていると大事件になりますので、わさびは別にもらって自分で適量つけたいのだ。

以前、ある邦人お寿司やに同僚とお昼を食べに行ったときのこと。うまくカウンターに座ることができたので、私の注文を握り始めたお寿司やの大将に「スミマセン、ワサビ抜きでお願いします」と頼んだのでした。
すると大将は「さびぬきぃー?!そんなん寿司じゃねえよっ!」と叫んだのだ@@;
その瞬間、隣で先に別のものを食べ始めていた同僚のお箸の動きがぴたりととまった。そしてやおら立ち上がり...というのかと思ったらそうではなく。あとで聞けば私が「やおら立ち上がり」かけたらすぐ押さえられるように体勢をととのえたのだそうでした。

ワタクシだって大人ですからね。決しておしぼりを投げつけたりなんかしませんでしたわよ。
あわてた寿司屋のおかみが、おろおろととりなす中、きまずーい雰囲気でおいしいサビヌキのにぎり寿司を食べたのでありました。
うー、思い出したらまたハラがたってきたぞw




2 comments:

syusan said...

いつもマイペース優しいからんさんだからこそ怒ったら怖そうw 

caran said...

そんなに優しくないですよう。いつもぴーぴー泣いたりおこったり忙しいデスw