22 November 2011


ウナギは元気の源だそうだ。
土用の丑にウナギを食べるのは、もちろんウナギやの陰謀でもあろうけれど、夏バテぎみで冷たいものばかり欲しがる身体にエイっと栄養補給、の効果があるらしい。

実はウナギ、好きでも嫌いでもない。どちらかというと食べなくても全然かまわないほうだ。
ウナギやへ連れて行かれたり、うな重だのうな丼だのを食べるはめになったときは、たいがい半分だれかのお重の上にのっけてしまう。私と一緒にウナギ屋さんに行くと、お得ですよー。50%ウナギ増量^^

タレがかかってきれいに焼き上がったつやつやのウナギをみると、それはそれでたしかにおいしそうなのだけど。あるときひょいと見てしまったのね、ウナギの裏側を@@;....
上向きのおいしいそうな焼き色と打って変わって、そこにはおどろおどろしい鈍く光った皮!焼かれてひんまがり、ご飯の上で蒸されてぐんにゃりなった皮がぺろりとくっついているのでした。それ以来ましてやどうも....
白状すると、ウナギのタレと舌がしびれるほど山椒をたっぷりかけたご飯だけ食べたいw

こちらでも、非常に珍しいけれどウナギを食べないことはない。
少し前のことだけれど、日本の友人らとガルダ湖に遊びに行って、湖畔のレストランでお昼を食べた。そこに現地特産のウナギのグリルがあったので友人たちは大喜びでめいめいウナギを頼んだのであります。ワタクシ上記のような理由でたいしてありがたいとも思わなかったので、つけあわせの茹で野菜だけもって来てもらった。

でてきたお皿にみんな唖然。
あたまとしっぽこそ落としてあるものの、開いてもいない丸のまんまのウナギが一匹ずつ、お皿の上でぐるりと円になってのっかっていたのである。わはは、かなーりコワイ。もちろんタレはなく素焼き。塩コショーでいただきますのだ。
蒸すなんてことをするわけがないので、相当固くて脂っこいらしく。みんながかわるがわるに「からん、ひとくち食べない?」「お皿、とりかえっこする?」というご親切な申し出を丁重におことわりしw  野菜をおいしくいただいたのでありました。

季節外れの今、なぜウナギかというと、読みかけの本にウナギの話しが出てきた。ただそれだけのことであるのだけれど w










2 comments:

syusan said...

あはw 夕飯食べてない時に読んで良かったw

caran said...

明日のお昼はぜひぜひウナギをどうぞ^^