01 December 2016

SOLA WINTER FLEA MARKET 2016


SOLAの島より、お知らせです。
12月3日より、ソラのフリマが始まります。
みな様ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。
前回、大好評をいただいたすごろくハントゲームも
期間中に予定しております。
今回はますます趣向を凝らして楽しんでいただけるように
なっております。お楽しみに~♪
 
SOLAの島へのフェリーはこちらです


13 November 2016

屋根です


昨日はお仕事でフィエラに行ってきました。
ちょっとね、探し物があったのです^^
 
で、フィエラの会場。前から気になっていたのですけれど、、、
変わった屋根ですねー、ひだひだのくしゃくしゃになってる。
 
反対側に回ってみると・・・
 
 
もっと、くしゃくしゃーw
 
おもしろいですねー^^イタリア人の感覚って。
 
 
そして、お仕事すませて、帰りにESSELUNGAで
大根を買って帰りましたとさ^^

12 October 2016

スヴァンヒルズ美術館見学会 その2

あった^^ここだ。

第2回・スヴァンヒルズ美術館見学会のお知らせです。

前回大好評だった見学会。今度の金曜日、10月14日に第2回目の見学会があります。
またまたYan Lauriaさんの案内文をちゃっかり借用^^;

**********************************************************************
”Svan Hills Museum”見学会の2回目の案内
アルフォンス・ミュシャを展示する”Svan Hills Museum”の見学会の2回目です。
日時:10月14日(金)21時より
Svan Hills Museum。http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77
前回はミュシャの代名詞ともいえるリトグラフという石版画によるポスターや装飾画が中心でした。今回はアール・ヌーヴォーやその後の前衛芸術が大流行した時代に逆行するような、大規模な歴史画である「スラブ叙事詩」を中心とする油彩画を、博物館館長の白鷲いずさんが案内します。
ミュシャの娘であるヤロスラヴァをモデルとする美しい油彩画や、スラブ人であるミュシャが迫害されてきたスラブ民族の歴史を描くために残りの人生を捧げた「スラブ叙事詩」をぜひお楽しみください。
YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=gNbQsChB-OU
https://www.youtube.com/watch?v=we6eAH79FBs
日本語ボイス。高解像度画像が多いので、描画距離を128mにしてTPし、画像が読み込まれるまでお待ちください。
**********************************************************************

実はワタクシ、美術史が大々大好きー!でありますので、今度の金曜日がとっても楽しみなのであります。
プラハにあるスラブ叙事詩博物館を再現したスヴァンヒルズ美術館の地下展示会場は、バーチャルの中といえどもその迫力に圧倒されます。

当日、集合時間にスヴァンヒルズ美術館にいらっしゃればどなたでも参加することができます。

スラブ叙事詩の作品群は2017年に東京六本木にある国立新美術館で公開予定とのこと。予習もかねてぜひご覧になってはいかがでしょうか。

Izu Whitefalocon さんの美術館紹介のブログ記事はこちら
my top secret : https://aki-secret.blogspot.it/

セカンドライフ内のスヴァンヒルズ美術館の住所はこちらです。
Svan Hills Museum : http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

07 September 2016

スヴァンヒルズ美術館見学会

ちょっと早く着きすぎちゃった…みんなまだかなー。

私たちの美しいシム Cento Eterna 諸島の専属ビルダー(強制労働従事者とも言う?)であるところのIzu Whitefalcon さんが運営している、SL内にあるスヴァンヒルズ美術館の見学会が来る9月9日金曜日:日本時間の午後9時より開催されます。

この企画を発案されたYan Lauriaさんのお言葉を勝手ながら以下に紹介いたします。
**********************************************************************
見学会の案内。
日時:9月9日(金)21時より。
場所:Svan Hills Museum。http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

JOGでも美術館を作成中の白鷹いずさんが、SLのサンサラ大陸のSvanに作ったSvan Hills Museumは、大女優サラ・ベルナールのポスターで現在も人気のアルフォンス・ミュシャの美術館です。
サラ・ベルナールのポスター全作品はもとより、ミュシャの経歴、ミュシャの妻と娘、ミュシャが挿絵を描いた児童図書「白い象の伝説」(ジュディット・ゴーティエ著)の展示、ポスターとはがらっと画風の変わった本格的大作を集めたプラハにあるスラブ叙事詩博物館の再現も行っています。
すべての作品の寸法を現物の30%増しに統一するなど、本当に細部まで考え抜かれており、SL、OpenSimを通して最高と言っていいほどの美術館です。  今回は作成したご本人の白鷹いずさんの案内による見学会を開催します。日本語ボイス。
**********************************************************************

今回見せていただく作品は、ミュシャの有名なポスター作品はもとより、スラブ叙事詩一連の作品を解説していただきます。
見学会の予行演習にちょっとお付き合いさせていただきましたが、絵画の登場人物のストーリー、また、この構図は何を意味しているのか、背景にどんな事件があったのかなどなど、漠然と絵を見ているだけではわからない、いろいろなお話を聞くことができておもしろーい!

当日、集合時間にスヴァンヒルズ美術館にいらっしゃればどなたでも参加することができます。

スラブ叙事詩の作品群は2017年に東京六本木にある国立新美術館で公開予定とのこと。予習もかねてぜひご覧になるとよいと思います。

Izu Whitefalocon さんの美術館紹介のブログ記事はこちら
my top secret : https://aki-secret.blogspot.it/

セカンドライフ内のスヴァンヒルズ美術館の住所はこちらです。
Svan Hills Museum : http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

15 August 2016

Cento Eterna


Japan Open Grid というところにあるチェン島は、管理人様のご厚意により2x2シム、つまり4シム分の広さがあるところにお引越しをいたしました。
これを機会に名前を改め、Cento Eterna (チェント・エテルナと読みます)となりました^^
永遠のチェント諸島といった感じのニュアンスです。

シムはただ今、インスタント神様が鋭意造成工事中!
中央にチェン島があり、すぐそばに伊豆大島(?)があり、三日月島があり、美術館があり、いろいろあり^^
それぞれは海底トンネルでつながっています。また、島の間を行き来するフェリーも就航予定なり。
完成は果てしなく先ですが、作業が楽しいというものです^^
もう少ししたら、もっとたくさんご紹介できると思います、そうしたら、皆様ぜひとも遊びに来てね^^

18 July 2016

ベビーカーについて

コレハ、ウバグルマネ^^

出張帰国中でありますが、用事で電車に乗りますとベビーカーに幼児を乗せたお母さんをよく見かけます。
見るともなくぼんやり彼らを眺めていると、たいがいの赤ん坊はお母さんからお菓子をもらい、それをおててに握りしめニコニコと、もしくはカジカジしながら乗っているか、寝てるか、泣いてるか。。。まあ、その程度の選択肢しかないのでありますが。

見過ごせないのがお菓子を食べている子達。おいおい、そんなノベツマクナシに食べてていいのか?幼い頃に甘いものを摂りすぎると肥満促進分子が体内に出来て大人になったとき太りやすい体質になっちゃうよ。歯の生えた子は虫歯になっちゃうよ。第一お行儀悪いよ。
と、ご幼少時にそんなことが許されなかったワタクシはうらみがましく、やっかみ半分思うのであったw

思い起こせば、おやつの時間は母がお皿に取り分けてくれた、ビスケット2枚、チョコ2かけ、ポテトチップス5枚。なんてものをいただきますと食べ、一度でいいからポテトチップスの袋に手を突っこんでバリバリ食べたいと、何度心の奥で切に願ったことか。。。食べ物のウラミはオソロシイのだw

そしてまた、彼らをぼんやり見ていて、はたと思った。私、ベビーカーに乗った記憶ないぞ!
赤ん坊を寝かせた状態で移動する乳母車というものは、まさか乗ったころの記憶はないけれど、うちにその残骸が長いことあり、子供の頃それでF1ごっこをして姉にケガさせた記憶がある。
だけど、ベビーカーはどうだったかなー。
家に帰って母に聞いてみた。
「ベビーカーはなかったわねえ」
「じゃあ、移動手段はどうしていたの?だっこ?おんぶ?」
「あなたを片手でだっこして、片手で荷物を持って、M-ちゃん(姉)を先に歩かせて、、、おかげで腕の筋肉がきたえられたわさ」
ひょえ~、お世話になりましたーw 昔のおかあさんは力持ちだったのね~^^

14 July 2016

未確認飛行物体


母と二人で2階の雨戸を閉めていたら・・・あら、あれなんだろう?
夜空に白く光る玉が4~5個ふわーっと漂っていたのでした。私はいわゆるUFOの存在をあまり信じないのですけど、あれなに???
どれもが同じ速度でゆっくりと西のほうに移動してた。ヘリコプターじゃないわよねー、音が聞こえないもの。衛星?衛星ってもっと早いよね、それに何個も同時に見えないよね。などといいながら、母と私は口をぽかーんとあけてしばらく見ていました。

そうだ、写真撮れるかしら!
あわててカメラを持ってきて撮ったときには、4~5個見えていた玉は2つに減っていた。雲の中に入ってしまったのかな。

画像の中央と右下の白いポチがそれです^^;
ブログ用に少し画像サイズを落としているけれど、拡大してみるとふちがぎざぎざのバイキン君みたいな形w
中が少し黒くなっている部分があって、誰かが手を振ってる(な、わけないw)

翌日の同じ時間には見えませんでした。なんだったのかな~


16 June 2016

チェン島進化論


Japan Open Grid というOpen Simにあるチェン島です。
 
ビルダーさまのおかげで(シムのインスタント神様ともいうらしい)
島は日々変貌を続けております。
ひろ~い!2シム分+外海!接続水域の航行は自由であるぞよ
真珠をレズしたら2度と見つけられなくなりそうです。
さてこの先どう進化していくのやら、楽しみなり~。

15 May 2016

チェン島 is just a dream away...

懐かしいKAZEの島 :)
Japan Open Gridというオープンシムにひとつ、シムをお借りしているのだけれど。。。
ああしようこしようという思いばかりで何も形になっていませんでした。
ところが!心強ーい助っ人登場!いやー、持つべきものはビルダーの友なり!なんだか素敵な場所ができそうです^^楽しみだなー。なんていってないで、石を運んだり木を伐ったり、トンカチトントン私も働かなきゃw

ところが、、、そういえばここではずっとキャッシュクリアしてなかったわ。と気がつき、キャッシュクリアしてから再ログインしたらワタクシははかない煙になっておりました。。。
さあ、それからあれこれやってみましたが、まったく元に戻りません。どうしたらいいんだろう~
やってみたことと言えば。

・まずは「容姿」を編集しようと思ったけど、選択できません。
・アバタータブから「テクスチャのリベーク」
・アバタータブから「女性のデフォルトにリセット」
・開発者メニューから「キャラクターテスト>女性アバターのテスト」
・ログアウトしてからApplication Data にある「 FireStorm 」フォルダーを削除
・ビュワーのアンインストール&再インストール。
・基本に戻ってグラフィックを最低レベルにしてみる。。。

どれもだめ><煙子のまんまです。トンカチトントンどころではなく、だんだん煙さえもでなくなってきた~
誰か助けて~~~;;
 

08 May 2016

Other Place



 
広島在住のアーティスト、Takashi Suzukiさんが
ワタクシめのフォトをとりあげてくださいました。
ばんざーい
ありがとうございます~!
 
どうぞご覧ください。