12 February 2017

カツカレー


今度は明治神宮だ!
本日ワタクシは、ご学友のあまん様とご一緒に、明治神宮に参拝したのであります。
皇紀2677年でありますぞ。西暦なんか足元にも及ばないのであるよ^^
日曜のせいもあるけれど、まあすっごい人出!驚きました。人気あるのね明治天皇様は。

えーと、2人ともおなかがペコペコだったので、参拝は後回しで先に境内にあるレストランでランチしました。
そこで私は、そこでなんと私は!生まれて初めてカツカレーを食べたのだ。カツカレーだぞ、カレーライスじゃないんだぞ。カツが乗っかってるんだぞ(うるさいって?^^;)
じゃーん!
豚肉嫌い、揚げ物あんまり好きでない、辛いのだめ。で、今まで一度も食べたことなかったけど、決心してオーダーし、カツカレーの神様にお祈りをささげてから、いざ、ぱくっ。

ぱくぱく。

おいしいではないか!いままでなんか損してた気がする・・・。だがしかし、辛いであるよ、カレーってどうして辛いんだ><;
おうち印のアーモンドカレー甘口しか食べたことのないワタクシには大人すぎて、これ無理~w
人生はきびしいのです。

おいしい(辛い)ランチで腹ごしらえしてから、いざ本殿へ。いろんなことをたくさんお願いしちゃいました。宜しくですー。

そのあと、参道をアバウトめぐってからわれらが母校をのぞきに寄ってみましたが。。。閉まってたよ><そりゃそーだ、日曜日だったw
なつかしの、通学路を辿る旅になった楽しい日曜の午後でした^^また行こうね~。


03 February 2017

Mask & Shintoismo


お仕事で、日本出張しておりますが、インフルエンザが猛威を振るっていると聞き、免疫ゼロ&予防注射もしていないワタクシはマスクのお世話になることに致しました。
どこでも誰でもマスクをしている姿は日本独特の風習(?)であり、申し訳ないけどなんだかへんてこりんな姿に感じてしまう、異星人のワタクシではありますが、背に腹は変えられぬw ミズカラススンデ、マスクを装着することとあいなりましたです。

ちょっと息苦しいであるぞよw
息を吸うとマスクが鼻方向に凹むであるよ。みんなそういうものなのかと、こそっと観察するが、そうでもないっぽい。みんなどっから息を吸っているのだ。
しかし、装着を続けるうちにこれがなんだか心地良くなってくる自分に気づいたのであります。
なんか自分が消えるというか・・・守られてる気がするのねー^^ 

そしてまぶしいのが大嫌いな私は冬もサングラスが手放せません。しかも冷気にあたると左目だけ涙がぽろぽろ出てきちゃうのね。大きなサングラス+マスク=顔がほとんど見えないw すなわちお化粧しなくてOK^^v
風が強い日にはコートのフードもかぶっていたので、フルフェイスのヘルメットで歩いてるのとあんまり変わらない格好ですね。or 悪漢? 銀行に入るときはさすがにちょっと気が引けて、サングラスははずしましたです。

さて、そんないでたちでうろちょろしているワタクシではありますが、ついでといっちゃあなんですが・・・いやいやいや、ついでどころではなく、かねてから一度は行かねばと思っていた靖国神社に行ってまいりました。
たぶん、生まれて初めてでしたけど、行けば身の引き締まる思い。神社はどこも美しい。大好きです。
まー、あーた、こんな大きな鳥居は生まれてはじめて見ましたぞ。と、マスクをしたまま見上げるワタクシ。口がぽっかり開いていてもばれませんね^^

神様にご挨拶をして、私たちを守ってくださった方たちの魂に感謝のご挨拶をして参りました。
また行こうっと。


20 January 2017

BLACK BERET with & without CROSS BROOCH



チェントパリーニ宝飾店から新作のお知らせです。

BLACK BERET with & without CROSS BROOCH

大きなブローチをつけたベレーと、ブローチのないベレー帽を同胞しました。
メンズもいけます!彼氏とオソロでどうぞ^^ と言ってもトランス不可ですので、それぞれお買い求めください。
えー、そんなのないよー。という方にいいこと教えます^^
パリ本店と、マーケットプレイスで販売しておりますが、ソラのフリーマーケット開催中、フリマのブースにてスペシャルギフトで提供中!
この機会をお見逃しなく~。フリーマーケットは2月26日まで開催しております。
ブースの場所は・・・・・お散歩がてら、探してくださいねー^^
フリマではクリエーターさんたちのブースが島のあちこちに点在しています。1月21日からは楽しいすごろくハントも開始ですー!

SOLAの島のフリーマーケットはこちらから。お散歩 GO!!!

SOLA 2016-17 WINTER FLEA MARKET 

01 January 2017

お正月だ^^


大みそか、夜中0時を1秒過ぎたとたん、ものすごい轟音と煙で町は豹変するのであります。
カウントダウンのお祭り騒ぎをテレビで眺めていても、面白くもなんともないのでスイッチを切り、世の中が平和になりますように、2017年には争いが収まりますように、と敬虔な祈りを捧げていたワタクシ(嘘つきw)はさっさとお祈りを中止し、窓辺で見物としゃれこんだのであります。

ま~、毎年のことながら、すごいですわ。
近所の2件の中華レストランがお互い競争のように打ち上げ花火をドンパチやるものだから、あたり一帯ケムケムのモクモク。街路樹にあたろうが、誰かの家のバルコニーを直撃しようが、おかまいなし。
ところが0時10分を過ぎたときに花火はぴたりと終わりました。遠くの方ではまだドンパチ上がっていましたが、これも0時30分にぴたりと終わった。
何かお達しでもあったのかしらね。年末年始の花火事情はわたしにはさっぱりわかりませんけど。

ナポリ辺りでは、毎年花火にあたってけが人や死人が出るほどなのだそうで、今年は皆様ご無事であらせられることをお祈りいたします。


さて、30日は、わんこの命日でありましたので、お墓参りに行ってきました。
ワンニャン墓地の水道のてっぺんによじ登って、あたりを睥睨しているぬいぐるみわんこ。なんでそんなとこにいるんだ?
だけど、水道は凍っていてお水は出てきませんでした。お墓が洗えなかったけど、まあ、お風呂が大嫌いな犬だったから、ほっとしてるかもしれない。
お線香だけあげて帰ってきました。

そんなこんなで、お正月は久しぶりにのんびりです。Auguri a tutti ! :)

01 December 2016

SOLA WINTER FLEA MARKET 2016


SOLAの島より、お知らせです。
12月3日より、ソラのフリマが始まります。
みな様ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。
前回、大好評をいただいたすごろくハントゲームも
期間中に予定しております。
今回はますます趣向を凝らして楽しんでいただけるように
なっております。お楽しみに~♪
 
SOLAの島へのフェリーはこちらです


13 November 2016

屋根です


昨日はお仕事でフィエラに行ってきました。
ちょっとね、探し物があったのです^^
 
で、フィエラの会場。前から気になっていたのですけれど、、、
変わった屋根ですねー、ひだひだのくしゃくしゃになってる。
 
反対側に回ってみると・・・
 
 
もっと、くしゃくしゃーw
 
おもしろいですねー^^イタリア人の感覚って。
 
 
そして、お仕事すませて、帰りにESSELUNGAで
大根を買って帰りましたとさ^^

12 October 2016

スヴァンヒルズ美術館見学会 その2

あった^^ここだ。

第2回・スヴァンヒルズ美術館見学会のお知らせです。

前回大好評だった見学会。今度の金曜日、10月14日に第2回目の見学会があります。
またまたYan Lauriaさんの案内文をちゃっかり借用^^;

**********************************************************************
”Svan Hills Museum”見学会の2回目の案内
アルフォンス・ミュシャを展示する”Svan Hills Museum”の見学会の2回目です。
日時:10月14日(金)21時より
Svan Hills Museum。http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77
前回はミュシャの代名詞ともいえるリトグラフという石版画によるポスターや装飾画が中心でした。今回はアール・ヌーヴォーやその後の前衛芸術が大流行した時代に逆行するような、大規模な歴史画である「スラブ叙事詩」を中心とする油彩画を、博物館館長の白鷲いずさんが案内します。
ミュシャの娘であるヤロスラヴァをモデルとする美しい油彩画や、スラブ人であるミュシャが迫害されてきたスラブ民族の歴史を描くために残りの人生を捧げた「スラブ叙事詩」をぜひお楽しみください。
YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=gNbQsChB-OU
https://www.youtube.com/watch?v=we6eAH79FBs
日本語ボイス。高解像度画像が多いので、描画距離を128mにしてTPし、画像が読み込まれるまでお待ちください。
**********************************************************************

実はワタクシ、美術史が大々大好きー!でありますので、今度の金曜日がとっても楽しみなのであります。
プラハにあるスラブ叙事詩博物館を再現したスヴァンヒルズ美術館の地下展示会場は、バーチャルの中といえどもその迫力に圧倒されます。

当日、集合時間にスヴァンヒルズ美術館にいらっしゃればどなたでも参加することができます。

スラブ叙事詩の作品群は2017年に東京六本木にある国立新美術館で公開予定とのこと。予習もかねてぜひご覧になってはいかがでしょうか。

Izu Whitefalocon さんの美術館紹介のブログ記事はこちら
my top secret : https://aki-secret.blogspot.it/

セカンドライフ内のスヴァンヒルズ美術館の住所はこちらです。
Svan Hills Museum : http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

07 September 2016

スヴァンヒルズ美術館見学会

ちょっと早く着きすぎちゃった…みんなまだかなー。

私たちの美しいシム Cento Eterna 諸島の専属ビルダー(強制労働従事者とも言う?)であるところのIzu Whitefalcon さんが運営している、SL内にあるスヴァンヒルズ美術館の見学会が来る9月9日金曜日:日本時間の午後9時より開催されます。

この企画を発案されたYan Lauriaさんのお言葉を勝手ながら以下に紹介いたします。
**********************************************************************
見学会の案内。
日時:9月9日(金)21時より。
場所:Svan Hills Museum。http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

JOGでも美術館を作成中の白鷹いずさんが、SLのサンサラ大陸のSvanに作ったSvan Hills Museumは、大女優サラ・ベルナールのポスターで現在も人気のアルフォンス・ミュシャの美術館です。
サラ・ベルナールのポスター全作品はもとより、ミュシャの経歴、ミュシャの妻と娘、ミュシャが挿絵を描いた児童図書「白い象の伝説」(ジュディット・ゴーティエ著)の展示、ポスターとはがらっと画風の変わった本格的大作を集めたプラハにあるスラブ叙事詩博物館の再現も行っています。
すべての作品の寸法を現物の30%増しに統一するなど、本当に細部まで考え抜かれており、SL、OpenSimを通して最高と言っていいほどの美術館です。  今回は作成したご本人の白鷹いずさんの案内による見学会を開催します。日本語ボイス。
**********************************************************************

今回見せていただく作品は、ミュシャの有名なポスター作品はもとより、スラブ叙事詩一連の作品を解説していただきます。
見学会の予行演習にちょっとお付き合いさせていただきましたが、絵画の登場人物のストーリー、また、この構図は何を意味しているのか、背景にどんな事件があったのかなどなど、漠然と絵を見ているだけではわからない、いろいろなお話を聞くことができておもしろーい!

当日、集合時間にスヴァンヒルズ美術館にいらっしゃればどなたでも参加することができます。

スラブ叙事詩の作品群は2017年に東京六本木にある国立新美術館で公開予定とのこと。予習もかねてぜひご覧になるとよいと思います。

Izu Whitefalocon さんの美術館紹介のブログ記事はこちら
my top secret : https://aki-secret.blogspot.it/

セカンドライフ内のスヴァンヒルズ美術館の住所はこちらです。
Svan Hills Museum : http://maps.secondlife.com/secondlife/Svan/133/217/77

15 August 2016

Cento Eterna


Japan Open Grid というところにあるチェン島は、管理人様のご厚意により2x2シム、つまり4シム分の広さがあるところにお引越しをいたしました。
これを機会に名前を改め、Cento Eterna (チェント・エテルナと読みます)となりました^^
永遠のチェント諸島といった感じのニュアンスです。

シムはただ今、インスタント神様が鋭意造成工事中!
中央にチェン島があり、すぐそばに伊豆大島(?)があり、三日月島があり、美術館があり、いろいろあり^^
それぞれは海底トンネルでつながっています。また、島の間を行き来するフェリーも就航予定なり。
完成は果てしなく先ですが、作業が楽しいというものです^^
もう少ししたら、もっとたくさんご紹介できると思います、そうしたら、皆様ぜひとも遊びに来てね^^

18 July 2016

ベビーカーについて

コレハ、ウバグルマネ^^

出張帰国中でありますが、用事で電車に乗りますとベビーカーに幼児を乗せたお母さんをよく見かけます。
見るともなくぼんやり彼らを眺めていると、たいがいの赤ん坊はお母さんからお菓子をもらい、それをおててに握りしめニコニコと、もしくはカジカジしながら乗っているか、寝てるか、泣いてるか。。。まあ、その程度の選択肢しかないのでありますが。

見過ごせないのがお菓子を食べている子達。おいおい、そんなノベツマクナシに食べてていいのか?幼い頃に甘いものを摂りすぎると肥満促進分子が体内に出来て大人になったとき太りやすい体質になっちゃうよ。歯の生えた子は虫歯になっちゃうよ。第一お行儀悪いよ。
と、ご幼少時にそんなことが許されなかったワタクシはうらみがましく、やっかみ半分思うのであったw

思い起こせば、おやつの時間は母がお皿に取り分けてくれた、ビスケット2枚、チョコ2かけ、ポテトチップス5枚。なんてものをいただきますと食べ、一度でいいからポテトチップスの袋に手を突っこんでバリバリ食べたいと、何度心の奥で切に願ったことか。。。食べ物のウラミはオソロシイのだw

そしてまた、彼らをぼんやり見ていて、はたと思った。私、ベビーカーに乗った記憶ないぞ!
赤ん坊を寝かせた状態で移動する乳母車というものは、まさか乗ったころの記憶はないけれど、うちにその残骸が長いことあり、子供の頃それでF1ごっこをして姉にケガさせた記憶がある。
だけど、ベビーカーはどうだったかなー。
家に帰って母に聞いてみた。
「ベビーカーはなかったわねえ」
「じゃあ、移動手段はどうしていたの?だっこ?おんぶ?」
「あなたを片手でだっこして、片手で荷物を持って、M-ちゃん(姉)を先に歩かせて、、、おかげで腕の筋肉がきたえられたわさ」
ひょえ~、お世話になりましたーw 昔のおかあさんは力持ちだったのね~^^